長時間赤ちゃんを抱っこしていると、抱っこ紐の中は汗でびっしょり蒸れて嫌なにおいが…そんな経験はありませんか?
赤ちゃんって体温が高くて抱っこしているだけで、ママまで汗びっしょりなんていうことよくありますよね。
特に真夏の暑い時期には、汗と蒸れだけではなく赤ちゃん自身暑くて熱中症にでもなってしまうのではないかと心配になってしまいます。

そんな時に便利な、抱っこ紐の暑さ対策グッズを紹介したいと思います。
中には簡単に手作りできるものもありますので、作り方も合わせてお伝えしちゃいます!

保冷パッド

暑い夏、赤ちゃんの暑さ対策グッズにぴったりなのが保冷パッドです。
専用ケースに保冷ジェルを入れ、抱っこ紐にセットするだけというものです。
赤ちゃんの背中をひんやり冷やしてくれるので熱中症対策にも使えます。

ケース、保冷ジェルも水洗いができるので衛生面でも安心です。

手作りするなら…
新生児期に準備しすぎたガーゼや、お家にある布を使えば、簡単に保冷パッドを手作りすることができます。
ケーキなどを購入した際についてくる保冷剤を利用すればお家にあるものだけで簡単に手作りすることができるのでおススメです。

短時間のお出かけなら緩く絞ったガーゼやミニタオルをジップロックに入れ、冷凍庫で凍らせたものを持ちあるくのもおすすめです。

アイスブランケットやケープで紫外線からガード

お散歩やお出かけの時、強い日差しを避けるために使いたいのがケープです。
日傘などで日差しを防ぐ方法もありますが、どうしても片手がふさがってしまいます。

そこで便利な暑さ対策グッズがのが、ケープやブランケットです。
真夏にケープやブランケットなんて余計暑いのでは?と思ってしまいますよね。
でも、ひんやり素材のものを使えば直射日光による体温上昇を防ぎ、紫外線をカットして赤ちゃんのお肌を守ってくれます。

汗取りパッド

背中をすっぽり包み込むような抱っこ紐を使っていると、どうしても気になってしまうのが背中の汗です。
ただでさえ汗っかきな赤ちゃんの背中はびっしょり、抱っこ紐まで汗が染みこんでしまうこともあります。

汗をそのままにしておくと、体温調節が上手に出来ない赤ちゃんは体調を崩してしまうことも。
また、こまめに洗濯することができない、抱っこ紐は雑菌の巣窟に…

そんな事態を避けるための暑さ対策グッズが、汗取りパッドです。
汗をかいた時、お着替えの時などこまめに取り換えてあげることで、お着替えの回数も減りますし、抱っこ紐もきれいに保つことができます。
お家で簡単に洗濯することができて、便利なアイテムです。

こちらも、ガーゼなどで代用したり小さくなった肌着などを使って簡単に手作りすることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

真夏の赤ちゃんとのお出かけも、暑さ対策グッズで快適なものになります。
手縫いで簡単に手作りができる暑さ対策グッズもありますので、赤ちゃんのために是非作ってみてはいかがでしょうか?

また、薄着でも長袖のものを選ぶなどして赤ちゃんのお肌を直射日光から守ってあげるだけでも、暑さ対策になります。
肌着の素材も綿や天竺の素材のものなど、通気性が良く汗の吸収の良いものを選ぶだけでも、赤ちゃんは快適に過ごすことができます。